サバの養殖事情

サバの養殖事情

サバは、日本近海で大量に取れ、値段も安く美味しいことから、「大衆魚」として珍重される食材です。近年は天然のサバだけでなく、養殖のサバも広く流通するようになりました。

 

養殖サバの特徴

脂のりが良い

養殖されたサバの特徴として、まずは脂乗りが良いことが挙げられます。これはサバに限らず、養殖魚全体に共通することですが、栄養価の高いエサをたっぷり与えられ、水流の弱い安定した環境であるため、良く肥えるのですね。

 

刺身で食べられる

養殖のサバの特徴として、お刺身で食べられるということが挙げられます。天然のサバには寄生虫が潜んでいることが多く、生食はリスクが高いとされています。しかし養殖のサバは生け簀で飼育するので、寄生虫が付かず、刺身で食べられるのです。


ホーム