サバって白身魚?赤身魚?

サバって白身魚?赤身魚?

マグロやカツオのような大規模な回遊を行う魚というのは、長距離の遊泳に耐えられるよう、筋肉中に酸素を取り込みやすくする為の色素タンパク質が多く含まれています。

 

この色素タンパク質は赤色をしており、これが多く含まれている魚は身が赤くなるので「赤身魚」というのです。

 

そしてサバも同じく大規模回遊を行う魚ですので、この色素タンパク質が多く含まれており赤身魚に属します。

 

サバはジューシーな印象が強いかと思いますが、赤身魚というのは白身魚より脂がのっており、濃厚で旨味が強い傾向にあります。

 

これも長距離を移動する為に体内により多くエネルギーを蓄えておく必要がある魚特有の特徴といえます。


ホーム