賞味期限が切れたマグロの調理法

賞味期限が切れたマグロの調理法

マグロの刺身が残ってしまい、一応冷蔵庫に保管しておいたけど、翌日褐変してしまい賞味期限も過ぎているし、捨ててしまった経験はないでしょうか?

 

でも、ちょっと待ってください!!

 

実はひと手間加えれば少し賞味期限を延ばすことができるのです。

 

その方法についてご紹介していきたいと思います。

 

賞味期限とは

美味しく食べることができる期限のことをさします。しかし、この期限を過ぎてもすぐに食べられないということはないです。大概、5日程度で鮮度が悪くなるものです。

 

対象は劣化の速い食品、お弁当や総菜類などです。

 

消費期限とは

期限を過ぎたら食べない方がよい期限のことをさします。安全性の保障期限になります。賞味期限より期間が長い場合が多いです。

 

対象は劣化の遅い食品で、スナック菓子、レトルト食品、缶詰、ジュースなどが該当します。

 

消費期限が切れたマグロの調理法

刺身よりサクの方が保存がききますが、切り身にした場合は空気に触れる面積が多くなり雑菌がつきやすくなります。

 

  • マグロを角切りにして生姜と煮る
  • ブロックのマグロなら、先にフライパンで焼く。

 

そして生姜やニンニクと一緒にバターで炒めたキノコを加えて白ワインか酒、醤油で味付けしたものをマグロの上にかけてといった方法で火を必ず通しましょう。

 

生姜やニンニク、調味料を使って臭みをとるのもおすすめです。

 

最後に、一番ご注意いただきたいのが、消費期限、賞味期限に関わらす、開封してしまった場合は早めに消費するようにしましょう。


ホーム