マグロの大きさや重さは平均どれくらい?最大記録は?

マグロの大きさや重さは平均どれくらい?最大記録は?

マグロは成長するととても大きなサイズになる魚です。また、基本的に大きいサイズのマグロほど脂が乗って味が良い、とされています。

 

しかし、マグロのサイズは種類によってかなりの違いがあります。そこで今回は、マグロの種類ごとの体長、体重、そして最大記録について調べてみました。

 

クロマグロとミナミマグロの大きさ

 

クロマグロはマグロの種族の中で最もサイズが大きくなります。平均で体長は2.5m、300kg程度まで成長します。

 

最大記録としては、体長3m、500kgにもなるものもいます。

 

ミナミマグロはクロマグロよりやや小さく、平均では体長2m、体重100kg程度まで成長します。

 

最大サイズとしては、体長2.5m、体重150kgにまで達するものもいます。

 

メバチマグロ、キハダマグロ、ビンチョウマグロの大きさ

メバチマグロは平均で体長2m、体重150kg程度まで成長します。最大では2.5m、200kgほどになります。

 

キハダマグロは体長2m、体重200kgまで成長します。最大では、2.5m、250kg程度にまでなります。

 

ビンチョウマグロ(ビンナガ)は他のマグロ類と比較すると小型で、体長1m程度、体重40kg程度に成長します。最大では140cm、60kg程度になります。

 

このようにマグロの大きさや体重は種類によって千差万別です。ですから、マグロの解体ショーなどで使用されたものを購入すれば、だいたいのサイズや成熟度を知ることができて、味わいを推測する参考になります。


ホーム