変色した冷凍マグロ、食べられる?変色の原因は?

変色した冷凍マグロ、食べられる?変色の原因は?

瞬間冷凍の技術の進歩により最近の冷凍マグロは生マグロと並ぶほど美味しくなりました。ところが、冷凍庫で保存していた冷凍マグロの色がいつの間にか茶色く変色していたなんてことはありませんか?一体どうして変色してしまうのでしょうか?

 

鮮度が保たれている筈の冷凍マグロが変色!?その原因とは

マグロというと鮮やかな赤色の筈。冷凍庫に入れていたのに腐ってしまったのでしょうか?

 

いいえ、マグロの身が黒ずんだり茶色っぽくなってしまう原因は「酸化」によるものなのです。

 

この酸化は冷凍マグロが-3℃~-10℃の温度帯に置かれた場合に起こる現象です。

 

一般家庭の冷凍庫の設定温度は‐18℃くらいなので、解凍前のマグロの変色は冷凍庫の開け閉めなどで温度が上がってしまったことが原因だと思われます。特に夏場の冷凍庫は温度が上昇しがちなので注意が必要です。

 

解凍後のマグロの変色も解凍中に一定時間この変色しやすい温度になってしまうことで引き起こされます。

 

家庭で解凍する場合は冷蔵庫でじっくり解凍して極端な温度上昇を防ぐことが大切です。

 

変色したマグロは食べられるの?

変色していても腐ってしまった訳ではないので基本的に食べられます。

 

しかし味は落ちてしまっていますし色も悪いとなると進んで食べたい状態とは言えません。

 

折角買ってきたマグロ、なんとか美味しく食べたいですよね。そこでおすすめなのがマグロ漬けにして食べる方法です。この方法なら色も気にならずに美味しく食べられますよ。

 

ただし、臭いがある場合など少しでもおかしいと感じる部分があったら食べるのは止めてください。

 

なかなか家庭の冷凍庫で冷凍マグロをベストな状態で保存するのは難しいです。購入したらなるべく一週間以内に召し上がって下さい。


ホーム