マグロの赤身で筋肉をつけよう

マグロの赤身で筋肉をつけよう

マグロの赤身は良質なたんぱく質と言われますが、赤身を食べることでいい筋肉をつけることもできます。マグロがどう筋肉作りにいいのでしょうか。

 

筋肉作りには良質のたんぱく質、BCAAというアミノ酸が大切

筋肉をつけるには食事が大事で、良質なタンパク質が必須です。BCAAと呼ばれる分岐鎖アミノ酸が重要で、これを食べ物から摂取することが大切と言われています。

 

このBCAAを多く含んでいる食品がマグロやチーズや鶏肉と言われます。

 

その中でもマグロの赤身はがとても含有量が多く効果的です。

 

筋肉をつけるにはビタミンB群も必要

また、筋肉をつけるためには、ビタミンB6も重要で、マグロはこのビタミンB6を多く含んでいます。

 

筋肉作りには良質のたんぱく質とビタミンB6の両方が大事ということです。

 

マグロの赤身はどちらも豊富ですのでいい食材と言えます。鶏肉はよく筋肉作りにいい食材と言われますが、マグロもおすすめです。

 

マグロの赤身のビタミンB6の他にも、かつお節のビタミンB1、海苔や納豆に含まれるビタミンB2などビタミンB群も一緒に取ることでたんぱく質の吸収が良くなり、いい筋肉を作ることができるようになります。

 

ビタミンの摂取も忘れずに心掛けていい筋肉をつけましょう。


ホーム