食用クラゲの美味しい食べ方は?

食用クラゲの美味しい食べ方は?

中華料理では定番の食材であるクラゲ。実は日本でも昔から食べられている、大変身近な食材でもあります。

 

クラゲはダイエットの食材としても注目されているため、最近は食べる人が増えています。

 

そこで今回は、食用クラゲの美味しい食べ方をご紹介いたします。

 

中華風前菜

中華料理の食用クラゲの食べ方の定番です。家庭でも簡単に作れて、材料も少なくて済むのでとってもおすすめです。

 

作り方は、塩クラゲを水で戻して、さっと湯通しします。

 

湯通ししたら、氷水に入れて良く冷やし、キッチンペーパーなどで水けをしっかりとふき取っておきます。

 

クラゲが長い場合は、食べやすい長さに切っておきます。

 

後は、ゴマ油、ラー油、お酢、醤油、砂糖、塩で味を調えて完成です。

 

細く切った長ネギやキュウリを入れても美味しく食べられます。

 

酢の物

日本では、食用クラゲの料理法としては酢の物が一般的です。

 

作り方は、中華風と同じように、水で戻して、さっと湯通しして、冷やしておきます。

 

そこに、水で戻しておいたワカメや、薄くスライスして塩もみして水分を抜いたキュウリを加えて、お酢、砂糖、醤油で和えるだけです。

 

お好みでタコを入れたり、大根を使っても良いです。

 

いかがでしたでしょうか?食用クラゲには色々な食べ方があるので、これを参考にぜひ色々と作ってみて下さい。


ホーム