食用にされるクラゲの種類

食用にされるクラゲの種類

中華料理の前菜として定番の食材であるクラゲ。

 

実は日本でも昔から食べられている食材ですが、実は色々な種類があるのをご存知でしょうか。

 

そこで今回は、食用にされるクラゲの種類をご紹介いたします。

 

ビゼンクラゲ

中華料理で高級食材とされているクラゲです。

 

中国国内での漁獲量が少なく、日本近海で漁獲されることが多いです。

 

近年は漁獲量の減少により、さらに希少性が増しています。

 

エチゼンクラゲ

日本でも大量発生して問題となったクラゲです。

 

中国での需要はありますが、国内で漁獲して加工するとコストが高くつくため、日本では捨てられてしまうことも多いです。

 

ビゼンクラゲに比べると単価が安く手に入るため、コストを大衆的な店で使われることが多いです。

 

近年では、日本でも加工する業者が出てきており、今後普及してゆく可能性があります。

 

キャノンボールクラゲ

キャノンボールクラゲはメキシコやアメリカで取れるクラゲです。

 

少し前まで中国の基準では低品質とされていて使われていませんでしたが、加工技術が進んだことによりむしろ主力として扱われるようになりました。

 

もともと肉質が良よかったのも一因でしょう。

 

主要三種をご紹介しましたが、これら以外にも食用となるクラゲはまだまだ存在しています。


ホーム