中華クラゲとは?正体や食べ方は?

中華クラゲとは?正体や食べ方は?

クラゲ料理と言えば、中華料理が定番ですよね。

 

そんな中華料理の定番であるクラゲですが、スーパーなどで売られているもので、、中華クラゲと言うのを見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、中華クラゲの正体について詳しくご紹介します。

 

中華クラゲとは

中華クラゲとは、海で取れるクラゲを中華風に料理したものです。中国ではクラゲは料理の食材として、大変メジャーなものです。

 

クラゲにもいろいろな種類があり、中国で主に食べられているのは、エチゼンクラゲとビゼンクラゲです。

 

どちらも日本ではよく手に入りますが、中国ではあまりとれないため、輸入されることも多いです。

 

最近は、アメリカやメキシコから輸入されてくる、キャノンボールクラゲというクラゲが人気です。

 

以前は加工の技術がなかったため、安いクラゲでしたが、最近は上手に加工できる技術が発見され、その結果非常に良い食感のクラゲであるため、最近では高値で取引されています。

 

中華クラゲの食べ方

中華クラゲは水揚げした後に、乾燥させたり塩漬けにして加工されるため、使う前に塩抜きして食べられます。

 

ゴマ油などの調味料と和えて、前菜として食べられます。


ホーム