クラゲによる漁業被害について

クラゲによる漁業被害について

クラゲは、日本各地で生息しており、古くから食用としても利用されてきました。

 

ですが、最近はクラゲの大量発生に伴い漁業に深刻な被害が出ています。

 

そこで今回は、クラゲの漁業被害についてご紹介いたします。

 

クラゲの漁業被害について

日本には昔からクラゲが生息していましたが、近年は今まであまり見られなかった、大型のクラゲが大量発生することにより、漁業に深刻な被害が出ています。

 

エチゼンクラゲの大量発生などは、ニュースでも良く流れているため、ご存知の方も多いと思います。

 

クラゲによる漁業の被害は次のようなものがあります。

 

どんな被害にあている?

まずは、大型のクラゲが、漁師の網に入ってしまうことにより、網が破れてしまったり、持ち上げられなかったりするために起こる被害です。

 

次に、クラゲが魚と一緒に混獲されることにより、魚ががクラゲに刺されて商品として売れなくなってしまうと言うことです。

 

さらに、網に大量のクラゲが紛れ込んでしまう、魚とクラゲを分けるのに時間がかかり、魚の鮮度が落ちてしまったり、出荷が遅くなってしまうことです。

 

他にも、漁師がクラゲに刺されてケガをしてしまうケースもあります。

 

このように、クラゲの被害はかなり大きなものとなっています。


ホーム