ペット用の鰹節・・・人間用との違いは?

ペット用の鰹節・・・人間用との違いは?

ペット用の鰹節と人間用の鰹節が売られていますが、鰹節に違いはあるのでしょうか?

 

人間用の鰹節をペットにあげたり、ペット用とされる鰹節を人間が食べることは何か問題があるのでしょうか?

 

今回はペット用の鰹節と人間用の鰹節の違いについてお話してみたいと思います。

 

ペット用の鰹節と人間用の鰹節の違い

ペット用の鰹節は、人間用のものに比べると少し味が薄いように感じられると思います。

 

それは、人間以上にペットの塩分摂り過ぎが健康に悪い影響を及ぼすからで、ペット用は最初から人間用の鰹節より塩分を少し控えめに作られているからなのです。

 

また、違いはそれだけではありません。費用を抑えるために、人間用に比べるて品質が落ちるということです。

 

ペット用の食品の袋などに『ペット用です。人間は食べないでください』と書かれていることがあります。

 

たとえペット用の食材に低品質なものが使われていたとしても、どのような状態でどのような部位を使用しているのかなどの説明しをする義務はないため

 

人間の食品には向かない食材を使っている可能性もあるのです。

 

ペット用の鰹節

ペット用の鰹節を人間が食べたからといって病気になるとは限りません。

 

しかし、人間用の鰹節は衛生面や品質からみてもペット用に比べ、高い基準で製造されています。

 

結論から言うと、ペット用の鰹節を人間が常用することは避けた方がいいということです。

 

反対に人間用の鰹節をペットにあげることは問題ありませんが塩分の量を考えると、あげすぎてはいけないということです。

 

品質が人間用に比べて劣るのであれば可愛いペットには人間用を食べさせようと思われるかもしれませんが、塩分には気をつけること!

 

摂り過ぎには注意が必要です。


ホーム