鰹節に水銀を含む心配はないの?

鰹節に水銀を含む心配はないの?

2005年に厚生労働省が『魚を食べることによって摂取される水銀が胎児に影響を与える可能性があるので

 

魚介類を摂取する場合の注意』を公表したことから、鰹節にも水銀が含まれているのかどうか不安に感じた妊婦さんは多かったようです。

 

ここでは鰹節と水銀の関係について紹介します。

 

鰹節に水銀の心配は?

金目鯛やマグロなどの魚の身だけでなく、魚の皮にも水銀はつきやすいといわれています。

 

ということは、みそ汁や煮物などのだし汁としてよく使われている鰹節にも水銀が含まれているいるのではないのか、非常に気になるところです。

 

まして魚に含まれている水銀は大人でも体外に排出されるまでには時間がかかるといわれているのに

 

妊婦さんが摂取することによってお腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまうのではないか?と不安にさせる重大な問題だといえます。

 

しかし、安心してください!カツオに含まれる水銀の含有率は低く、鰹節に関しては全く心配はいらないといわれています。

 

だけど、その理由がわからない限り不安は消えないと思いますので、次にその理由をお話します。

 

鰹節が水銀の心配無用な理由

妊婦さんが魚に含まれる水銀に注意するべきといわれる中で、なぜ鰹節は心配いらないのでしょうか?

 

それは、鰹節が作られる工程で煮たり干したりしているうちに、有機水銀は水分と一緒に流し出されるからなのです。

 

また、仮に残っていたとしても微々たる量に過ぎないので心配はいらないということです。

 

だからといって過剰摂取は控えておくことは大事です。


ホーム