魚介アレルギーだと鰹節やそのダシはやはりNG?

魚介アレルギーだと鰹節やそのダシはやはりNG?

現代は、食品に対するアレルギーを持つ人が多くいます。

 

魚介もそのうちのひとつで、特にサケは最もアレルギーを起こしやすい魚です。

 

では、魚の加工品である鰹節やそのダシは、アレルゲンになるのでしょうか?それとも問題ないのでしょうか?

 

魚介アレルギーってどんなもの?

魚介アレルギーを持つ人が魚を食べると、じんましんやまぶたの腫れなどの症状が出ます。

 

主な原因は、魚の筋肉に含まれるタンパク質「パルブアルブミン」と、皮に多く含まれるタンパク質「コラーゲン」のふたつです。

 

これらの成分は殆どの魚に含まれているので、ひとつの魚でアレルギーが起こるなら、別の魚でも起こる可能性があります。

 

鰹節でもアレルギーは起こる?

「パルブアルブミン」は水に溶ける性質を持ち、「コラーゲン」は熱に弱い性質を持ちます。

 

鰹節は製造過程で、水に浸けられたり熱を加えられたりしています。

 

そのため成分が変化して、アレルギーを起こしにくくなっているのです。

 

ダシであれば、鰹節そのものを摂取するより、さらにアレルギーが起こりにくくなります。

 

魚介アレルギーを持っていても、殆どの人が反応しないようです。

 

ただし、乳児期や重症のアレルギーの場合は、ダシにも反応することがあるので気を付けなければなりません。

 

アレルギーには、アナフィラキシーショックのような重篤な症状もあります。

 

不安があるなら、医療機関で相談してみましょう。


ホーム