カレイの唐揚げを美味しく作るコツ:骨まで食べられる?

カレイの唐揚げを美味しく作るコツ:骨まで食べられる?

ご飯のおかずとしても、お酒の肴としても美味しい「カレイの唐揚げ」。

 

ほんのひと手間加えるだけで、骨まで食べられる美味しいカレイの唐揚げを作ることができます。

 

骨まで食べられるカレイの唐揚げ

  1. カレイを骨が向きだしの状態になるよう開き、よく洗ってキッチンペーパーなどで水分を取っておきます。
  2. カレイに酒・塩を少々かけ、約20分程そのままで置いておきます。
  3. 20分後カレイを洗い流し、水分をふき取って表面に軽く塩をし、片栗粉をまぶしておきます。
  4. 170度の油で揚げます。急いで揚げるとベタッとしたり焦げてしまったりするので、強火から弱火へとじっくり揚げていきましょう。
  5. 弱火で火がしっかりと通ったら10分~15分程そのまま置いて、仕上げに強火でカリッと揚げるのがコツです。

 

カレイを観音開きに開いて、骨がむきだしの状態にしておけば、骨までカリっと食べられるようになります。


ホーム