カレイの煮付けのきれいな食べ方:食のマナーを守ろう

カレイの煮付けのきれいな食べ方:食のマナーを守ろう

カレイの煮付けは、数あるカレイ料理の中でも、特に人気が高いですよね。しかし美味しい反面、骨が多く、身も崩れやすいことから、少々食べにくいという一面もあります。

 

だからといって、汚くボロボロ食べるのもマナー的に抵抗がある…。そんな人の為にカレイの煮付けを綺麗に食べる方法を紹介したいと思います。

 

カレイを一尾丸ごと食べる場合

  1. まず上側の身を食べやすいように頭から尾にかけて、真ん中に箸で切れ目を入れます。
  2. 左から右に向かって切れ目を入れた部分から、箸で身をほぐしながら食べてゆきます。小骨がある場合は箸で取り、皿の脇に置いておきます。
  3. 上の面を食べ終えたら、背骨が見える状態なのでこの骨を箸で尾の方から持ち上げます。箸だけでは取りづらい場合は箸と左手で骨を使ってもかまいません。下の身から大きな骨を外したら、この骨も皿の脇に置きましょう。
  4. 下の身を食べるために、ひっくり返して食べてもいいのですが、あまり良いマナーとは言えません。

  5. 下の身だけになったら、こちらを食べていきましょう。そうすると皿の脇には魚の骨だけ残された状態になります。

 

その他ポイント

  • 上の身を食べ終えたら、下の身を食べるためにひっくり返さないでください。骨を外してから、下の身だけの状態にしましょう。
  • 箸で細かくほぐして、少しずつ口に運ぶと食べやすいです。
  • 上側に皮が付いている場合は皮も食べましょう。苦手な方は骨と同じように箸で外して皿の脇においておいても大丈夫です。

 

以上の方法で身だけをきれいに食べることができます。参考にしてもらえれば幸いです。


ホーム