カレイの「えんがわ」とは:栄養価は高い?

カレイの「えんがわ」とは:栄養価は高い?

回転寿司のネタでよく見かける「えんがわ」は何の魚かご存知ですか?コリコリとした歯ごたえとさっぱりとした食感で人気が高いネタです。

 

回転寿司ではカラスガレイの「えんがわ」もよく提供されています。

 

実際「えんがわ」がどんなものなのか、栄養価は高いのか?などなど気になるカレイの「えんがわ」について情報をまとめています。

 

「えんがわ」ってどこの部分

このえんがわはカレイ類(ヒラメ・カレイ)の背びれとしりびれを動かすための筋肉の名称です。家の縁側に形が似ていることが、名前の由来になっています。

 

カレイは他の魚に比べると、背びれやしりびれをよく動かすための筋肉が発達してり、これにより、えんがわは非常にコリコリとした独特の食感になっています。

 

気になる「えんがわ」の栄養価

かれいの「えんがわ」の栄養として特徴的なのはコラーゲンが豊富なことです。コラーゲンはタンパク質の一種であり、細胞と細胞をつなげる結合組織の主成分。肌の保湿に効果があるとされています。

 

肌の潤いやハリ、アンチエイジングを求める人には嬉しい食材といえるでしょう。

 

またビタミンB群も豊富に含まれており、ビタミンB群は糖質や脂質といった栄養をエネルギーに変える重要な働きをしています。


ホーム