カレイの漁獲量が多い都道府県は?

カレイの漁獲量が多い都道府県は?

カレイは全国的に馴染み深い魚なので、どこが主要産地なのかわからないという方も多いのでは。

 

カレイの漁獲量が多い都道府県トップ3を紹介しましょう。

 

第1位 北海道

カレイの漁獲量がダントツで多いのは北海道です。全国の水揚げ量の半分近くの割合を占めており、1年を通して様々な種類のカレイが水揚げされています。

 

中でもマツカワガレイは漁獲量がガクッと減ったことから、幻の魚と呼ばれていましたが、最近はマツカワガレイを復活させる取り組みにより数が増え、王鰈(おうちょう)という名前でブランド化もされています。

 

第2位 島根県

カレイの水揚げ量は2位ですが、島根県の浜田漁港は干しガレイの日本一の産地として知られ、全国の4割以上を生産しています。

 

浜田の干しガレイの中でもサイズが大きく、重さが50グラム以上で鮮度が高いものは『どんちっちカレイ』というブランド名の認定を受けることができ、高値で取り引きされています。

 

第3位 兵庫県

日本海と瀬戸内海に面した兵庫県は水産物の宝庫でさまざまな魚介類が獲れます。カレイの水揚げが多いのは日本海側で、兵庫県香美町で作られる干しガレイが有名です。

 

全国各地で獲れるカレイですが、産地ではブランド化され高級魚として扱われているんですね。カレイを買う時は産地やブランドにこだわって選んでみてはいかがでしょうか?


ホーム