カレイとヒラメの見分け方:左ヒラメ右カレイ?目や口の位置に違い?

カレイとヒラメの見分け方:左ヒラメ右カレイ?目や口の位置に違い?

よく似ていて見分けがつかない魚の代表格であるカレイとヒラメ。皆さんは正しい見分け方を知っていますか?

 

なんらかの時に間違えて恥をかかないための、カレイとヒラメを見分ける方法について紹介します。

 

ポイント1.目の位置や凹凸

背びれを上に置いた時に、左側に目が来るのがヒラメで、右側に目が来るのがカレイです。

 

左ヒラメに右カレイ」というのが有名な覚え方です。

 

ただし例外もあって、海外産のカレイの中には左側に目が来るものもいます。

 

目の位置だけで、必ず特定できるわけではありませんので、目の凹凸にも注目してみてください。

 

ヒラメの目は平らなのに対し、カレイはやや出っ張っています。

 

ポイント2. 口の形

口が大きく割けていて歯が大きめなのがヒラメで、口が小さく歯がほとんどないのがカレイです。

 

これは食べているものに大きな違いがあるためで、ヒラメはアジなどの小魚を食べているのに対して、カレイはゴカイなどの環形動物をエサにしているからです。

 

以上カレイとヒラメの見分け方を紹介しました。目と口の形を見れば簡単に見分けることができます。


ホーム