ズワイガニの寿命や産卵について

ズワイガニの寿命や産卵について

ズワイガニは、どれくらい長く生きて、また、産卵はどのように行っているのでしょうか。ここでは、ズワイガニの寿命や産卵についてお話したいと思います。

 

ズワイガニの寿命

ズワイガニは、深海(水深200~600mあたりを中心に、深いところでは1000mを超える)に生息するため、その生態が十分に解明されていない部分があります。

 

寿命もそのひとつで、ズワイガニは、一説には、孵化から成熟するまでに8~10年を要し、寿命は10年以上とされていますが、詳細は、まだわかっていません。

 

水産庁では、日本近海における各種水産物の漁獲量を管理するために必要な資源調査を実施し、毎年その結果を公表していますが、この調査結果の中でも、ズワイガニの寿命は「10歳以上」とのみ記載されています。

 

ズワイガニのメスは、稚ガニから成熟して産卵するできるようになるまでに10回もの脱皮を繰り返すとされています。

 

メスは、生涯に5~6回程度の卵を産み、その後寿命を迎えるとされています。


ホーム