カニの食べ方のマナー

カニの食べ方のマナー

甘みと旨味がぎっしりと詰まった、日本人であれば多くの人が大好きな魚介類がカニです。

 

しかし、カニを食べる際に最も気を使うのが、その“食べ方”ではないでしょうか。

 

よく、カニを食べる時は汚くなってしまうという声を聞きますが、オフィシャルな席などでカニを上手に食べるマナーなどは存在するのでしょうか。

 

今回、ここではカニを食べる際のマナーについてを紹介します。

 

箸で食べることを基本にする

カニを食べる時、食べやすいようにとカニ専用のスプーンやフォークが用意されることが殆どです。

 

しかし、問題は身を出した後は、必ず箸を使用して食べるということが大切です。

 

フォークやスプーンを使って食べることはマナー的にはあまり良くないとされています。

 

キレイに食べる方法

まず、カニの足の間接をカニ用のハサミで三つほどに分けてしまいましょう。

 

そして、切り分けた殻に縦からハサミを入れて割るような容量で切り込みを入れます。

 

そして、その切れ目かを使ってキレイに開き、身をカニ専用のスプーンやフォークでお皿の上に出すという食べ方をしましょう。

 

また、切り込みを入れた殻は背向きにして片付けておくとキレイに見えるのでおすすです。

 

堅苦しく考えず、マナーを守って気持ち良くカニをいただきましょう。


ホーム