カニの種類ごとの値段相場について

カニの種類ごとの値段相場について

カニがお好き、という日本人の方は多いと思います。

 

茹でたカニが一般的な食べ方とはいえ、刺身やしゃぶしゃぶ、雑炊、焼きカニなどさまざまな料理に使えるので便利な食材です。

 

さて、そんなカニなのですが種類によって値段相場がどうなっているのかをご存知でしょうか。

 

ここではカニの種類の値段相場についてを解説していきます。

 

ズワイガニやブランド蟹は高価

大雑把な値段相場でいくと、ズワイガニは5,000円から1万円程度で店頭販売されていることが多いようです。

 

一方、タラバガニは3,000円から7,000円、毛蟹は特に幅があって2,000円から8,000円近くするものがあります。

 

ズワイガニは、その種類から松葉ガニや越前ガニといったブランドがあり、さらにはタグ付と呼ばれる特別な基準をクリアしたものが人気です。

 

相場は、15,000円から2,0000円以上と跳ね上がるため、高価なブランドカニとして知られています。

 

購入する場所でも変わる

相場に関しては、ズワイガニが最も高いとされていますが、実は購入する場によっても値段相場が変わります。

 

当然、漁場から遠く離れたスーパーやデパートで販売する場合、さまざまなコストがかかるため、それなりに価格が上乗せされます。

 

一方、漁協が直接経営している場所、産直通販サイトなどで購入すると、2,000円から訳あり品であれば5,000円近く価格差が出ます。

 

どこで購入するかも、大きく値段相場を変えているので忘れないようにしておきましょう。


ホーム