カニの殻の捨て方

カニの殻の捨て方

デパートや市場、また通販でカニを購入されることがあると思います。

 

さまざまな調理法でカニを美味しくいただいた後、案外困ってしまうのが、カニの殻をどのように捨てるのか、というところでしょう。

 

カニのような甲殻類は、直ぐに独特の腐敗臭が漂ってしまうため、上手に捨てないと大変なことになります。

 

今回、カニの殻の捨て方について解説します。

 

臭いをマスキングする

カニを食べた後の殻をそのままゴミ袋に入れておき、次の日に直ぐにゴミ出しができる場合はまだ良いでしょう。

 

とはいえ、夏場などでは直ぐに腐敗臭が出てしまい、家中がカニ臭くなります。

 

そんな時、殻に予め重層をかけたり、コーヒーのガラなどでマスキングしてしまう方法をおすすめします。

 

臭いが出るのが仕方ないので、敢えてその香りを他の香りでカバーしたり吸収させてしまうという方法があるのです。

 

新聞紙にくるむ方法も良いでしょう。

 

冷凍して袋を二重にする

カニを食べた後、通常はそのままゴミ袋に入れてしまうと思います。

 

おすすめは、一度別の袋に入れて冷凍をしてしまい、ゴミを出す直前に袋を二重にして出してしまうという方法です。

 

冷凍することで、香り成分が生成されず、無臭状態のまま捨てることができます。

 

ただし、できるだけ直前まで凍らせておく、ということが肝心ですので忘れないようにしましょう。


ホーム