カニを綺麗に食べるコツ

カニを綺麗に食べるコツ

カニを美味しく食べるためには、綺麗に食べるということが大切です。

 

カニは、適当に食べることもできますが、不思議なもので綺麗に食べた方が身が多く取り出せて無駄なく、美味しくいただくことができます。

 

今回、カニを綺麗に食べるコツについてを紹介しましょう。

 

胴体の食べ方

まず、カニを綺麗に食べるためには、胴体から足を全て挟みで切り落としてしまうことをオススメします。

 

ついたままですと、大変食べにくく殻のかけらなども散乱しやすいです。

 

胴体を単体にしたら、ふんどしと呼ばれる部分を外してから、その間に親指を入れて甲羅をパカっと外してください。

 

カニみそを甲羅の方へと移し、足部分から切り込みをいれて、胴体の身をお皿にかきだせば綺麗に無駄なく食べられます。

 

脚の食べ方

切り落としたカニの脚は、まず関節部分をハサミで切り落とします。

 

切り落とした部分の穴にハサミを入れ、胴体に縦に切り込みを入れていきます。

 

二つに割るのでも良いですし、コツとしては両側にハサミを入れて自然に開くように切ってしまっても良いでしょう。

 

カニ専用、または小さなフォークなどを使って身をかきだし、皿の上に出せば完成です。

 

食べる時は、お箸でいただくとより綺麗に食べることができますので、お試しください。


ホーム