魚,食べ方

カニが泡をふく理由

カニは、日本の各地で生息しいるため、日本人にとっては大変身近な存在ですよね。

 

潮干狩りや、釣りに行ったときに見かけることも多いと思います。

 

そんな身近な存在であるカニですが、よく泡を吹いているというイメージがありますよね?今回は、カニが泡を吹く理由を紹介します。

 

カニはどうやって呼吸をしている?

そもそも、カニはどうやって呼吸しているのでしょうか。

 

カニといえば海の中で生活しているものもいれば、干潟や川など、あまり水の無いところで生活しているものまで様々です。

 

実はカニの呼吸は、意外かもしれませんが、魚と同じえら呼吸なのです。つまり、カニが呼吸するためには水が必要です。

 

とは言っても、自ら出て長時間活動しているカニもいますよね。

 

実は、カニが水の中から出ても長時間活動できるのには理由があるのです。それには、カニの吹く泡が重要な役割を担っています。

 

泡を吹く理由は?

カニが呼吸するには、水が必要です。カニが陸上で長時間活動するために、少ない水分を体内で循環させながら使用するのです。

 

何度も使用していると、カニの分泌物と混ざり、粘度が上がっていきます。その結果、泡状になるのです。


ホーム