魚,食べ方

カニの産卵について

カニは全国各地に生息しており、生息場所も様々です。

 

大変身近な存在であると同時に、とても美味しい食材でもあり、カニの時期を楽しみしている人も多いと思います。

 

そこで今回は、そんな身近な食材でもあるカニの産卵についてご紹介いたします。

 

カニの産卵

カニは夏から秋にかけてオスとメスが出会い、産卵をする準備をします。

 

オスのカニはメスを求めて海底を移動し、気に入った相手がいた場合は、オスのカニはメスのカニに精子を渡すことにより交尾が終わります。

 

ズワイガニのメスは交尾の時に脱皮し、生死を受け取った後、体内の貯蔵庫室に精子を保管することができます。

 

そのため、数年間はその精子を使って受精します。必要な時に卵にかけて受精させることができるため、一度だけの交尾で全てまかなえると言われています。

 

ですが、効率よく産卵するためには、複数回の交尾が必要であると考えられています。

 

メスは2回目以降の交尾の場合は脱皮をしないため、最初の交尾の時の産卵と2回目以降の産卵とでは卵が微妙に異なっています。

 

例えば、所産の時の卵は孵化するまでに1年6か月ほどかかりますが、2回目以降の卵は1年ほどで孵化します。

 

これらの理由は、現在でははっきりと明確になっていません。


ホーム