魚,食べ方

カニが脱皮する理由や脱皮回数について

冬はカニの美味しい時期ですよね。

 

カニは日本のあちこちで取られ、日本人には大変身近な食材です。

 

そんなカニですが、成長するに従い脱皮をするのをご存知でしょうか。

 

そこで今回は、カニが脱皮する理由や脱皮回数についてご紹介いたします。

 

カニの脱皮の理由

カニは硬い甲羅で覆われています。成長するにつれて、だんだんと体が大きくなっていきますが、硬くなった甲羅は成長しません。

 

そのため、成長するに従い、硬い甲羅を脱ぎ捨てるのです。脱皮したてのカニは、甲羅も非常に柔らかい状態で、数日たつと硬くなります。

 

この硬くなる数日間に、カニは大きく成長するのです。

 

カニの脱皮の回数

カニによて脱皮の回数は様々ですが、ここでは代表的なカニであるズワイガニについて説明します。

 

孵化したばかりのカニはプレゾエアとよばれ、およそ1時間後には脱皮をします。

 

次にはゾエア1期と呼ばれる姿になり、1か月後に脱皮しゾエア2期になります。

 

さらに1か月後には脱皮し、メガロパという幼生になります。メガロパは3ヵ月経つと脱皮し稚ガニになります。

 

稚ガニは最初のころは1年に数回脱皮を行い、そのうち1年に1回のペースで脱皮していきます。

 

稚ガニから10回脱皮すると、親ガニになり、これ以降は脱皮を行いません。


ホーム