生牡蠣の洗い方

生牡蠣の洗い方

牡蠣を食べる時、しっかりと下処理をして食べた方が安心です。

 

そのままで食べられるものもありますが、生牡蠣はできればきれいに洗って食べたいものです。

 

しかし、生牡蠣を食べる場合、洗ってしまって良いのでしょうか。

 

今回、ここでは生牡蠣の洗い方についてを紹介していきます。

 

水では無く塩水を使う

“食材を洗う”ということになると、どうしてもやってしまいがちなのが、真水を使うというところです。

 

確かに、真水や純水でも洗えなくはないのですが、浸透圧の関係で牡蠣の中の細胞内に水がたっぷりと含まれてしまい、みずっぽく美味しくなくなってしまうのです。

 

そのため、できれば海水を想起させるような濃度の塩水で洗った方が良いでしょう。そうすることで、汚れだけは落とせ、さらには味わいもそのまま、という食べ方ができます。

 

大根おろしも活用できる

生ガキでも加熱用でも、大根おろしを使用すると牡蠣をきれに洗えます。

 

牡蠣には、汚れが多く付着していることがありますので、大根おろしで軽く洗ってあげると、汚れがキレイに落ちるので試してみてください。

 

ただし、生牡蠣の場合は前述した通り、浸透圧の問題が発生するので塩水で洗う、という方法がもっともおすすめではないでしょうか。


ホーム