殻付き牡蠣の保存方法

殻付き牡蠣の保存方法

牡蠣好きの方であれば、やはり殻付きの牡蠣を食べたくなってしまうものです。

 

とはいえ、殻付きの牡蠣を大量に購入したり、別の日に楽しもうというケースも出てきます。

 

特に、鮮度が大切な牡蠣ですので、できれば早くいただきたいところ。今回、ここでは生牡蠣の正しい保存方法を確認していきます。

 

殻牡蠣は生きている?

殻を剥いてしまった、いわゆる死んでしまっている牡蠣ではなく、殻がついたままの生牡蠣の場合、5日間は生きていると言われています。

 

鮮度が早いと思われている牡蠣ですが、殻付きの生牡蠣のなかには長生きなものもいるのです。

 

しかし、季節問わず常温で放置しておけばあっという間に鮮度は落ち、細菌増殖に伴って危険性が高まります。そのため、正しい保存方法を知ることは重要なのです。

 

生牡蠣の保存テクニックとは?

殻を剥いてしまった生牡蠣の場合、牡蠣を洗うところかはじめます。

 

牡蠣は真水ですと味わいが薄くなるため、3%程度の濃度の塩水を作り、そこに生牡蠣をくぐらせます。

 

予め作っておいた塩水を染み込ませたキッチンペーパーなどで生牡蠣をくるみ、ラップでもくるみます。

 

この時に、膨らんでいる部分は下にした方が良いでしょう。

 

仮に、冷凍保存したい場合は殻をしっかりと洗って、真空状態が作れるチャック式保存袋に入れて保存すれば、1ヶ月はもつでしょう。


ホーム