牡蠣を加熱しても縮まないようにする方法

牡蠣を加熱しても縮まないようにする方法

加熱用の牡蠣は、カキフライをはじめ、鍋、土手焼き、オムレツなどさまざまな調理で使用できるので便利です。

 

しかし、この加熱用の牡蠣を加熱してから、多くの方が「こんなに小さかったっけ…」と、多少のショックを受けた経験をします。

 

実は、牡蠣を加熱した時に縮ませないテクニックがあるのです。今回、ここでは牡蠣を加熱しても縮まないようにする方法を紹介していきます。

 

湯通ししてみる

まず、牡蠣はしっかりと塩水で洗い、汚れを落としておきます。そして、塩水を別で作って鍋で沸騰させていきます。

 

そこに牡蠣をさっとくぐらせ、表面だけに軽く熱が入ったような状態に仕上げてください。

 

こうすることで、表面が先にしっかりと固まるので全体が縮みにくく味は外に出にくくなり、さらには臭みも消してくれるので一石三鳥なのです。

 

片栗粉を使う

また、塩水で先に洗った後に水気を切った牡蠣に片栗粉をまぶす、という方法も有効です。

 

縮んでしまう、というのは牡蠣全体に熱が急激に通ってしまうためであり、片栗粉をまぶすことで、それが膜の代わりとなるために縮みにくくなるのです。

 

牡蠣を縮まずに大きなままで活用していきたい場合は、面倒くさがらず、軽く湯通し、片栗粉をまぶすなどのテクニックを使ってみてください。


ホーム