牡蠣の臭みの取り方

牡蠣の臭みの取り方

牡蠣は好きだけれども、あの臭みが苦手。こういった方は多いはずです。

 

新鮮な牡蠣であっても特有の臭みはあるため、調理する前には臭みを取っておきたい、と考えられているのではないでしょうか。

 

実は、牡蠣の生臭さを取るための下処理方法はいくつか存在しています。今回、ここでは牡蠣の臭みを取るための下処理方法をいくつか紹介していきましょう。

 

大根おろしや牛乳

浸透圧の影響で流水であらうと、牡蠣が水っぽくなるのでできるだけ先に塩水で洗っておきましょう。

 

その後、大根おろしや牛乳に浸けることで臭みが取ることができます。

 

これらは、牡蠣に付着している汚れを取ってくれるので、さらに牡蠣自体がキレイにもなるのでおすすめです。

 

小麦粉や片栗粉を利用

小麦粉など、こういった粉は臭いを取ることにも利用可能です。先にたっぷりと牡蠣にまぶしておき、優しく揉み込むように汚れを落としていきましょう。

 

そのあと、しっかりと水であらって水気を切っておけば下処理は完了です。

 

ただ、牡蠣の内側の香りは牡蠣特有のものであり、こういった臭いを消すことはできません。

 

フライにしてレモン汁、ソースをかけて食べる、ショウガ、柑橘系のドレッシングを使って生牡蠣を食べるなど、調理法に工夫をしてみてください。


ホーム