鰯(イワシ)の生態・雑学

なぜ?イワシが群れをなす理由

イワシは大きな集団で群れを作って行動します。イワシに限らず群れをなす習性の生き物は多くいますが、生物が群れを作るのは、生存確率を高めるためです。群れを作る理由としては様々な説がありますが、主な説として餌が捕まえやすくなる他生物から捕食されにくくなるという二つの説がありますね。イワシの場合は後者が理由...

≫続きを読む

★イワシの生息域や生息環境について

日本でイワシというとマイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシの3種を指しますが、種によって、生息域が異なります。種別のイワシの生息域◆マイワシ東アジアからロシア北部の沿岸。日本以外にも韓国や台湾でも多く漁獲される。◆ウルメイワシ世界中に分布。日本以外にもアフリカやオーストラリアなど南半球でも漁獲される...

≫続きを読む

イワシの生態や寿命

イワシの生態について情報をまとめています。生息域世界全域の海に生息しています。日本でイワシというとマイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの3種のことを指し、これらは日本全域で漁獲されます。生活形態イワシは回遊魚で、大きな群れを作って沿岸を回遊しながら行動します。食性主な餌となるのはプランクトンです。...

≫続きを読む

イワシの産卵数・場所・時期など

イワシの産卵事情について情報をまとめています。産卵時期イワシは水温が低くなる(10~20℃程度)と産卵期に入ります。その為地方や海域によって産卵期にずれはあります。北にいくほど産卵期は早くなります。東北地方では早く、九州や四国では遅いです。産卵数イワシは一度に1~5万粒の卵を産みます。産卵数は生息場...

≫続きを読む

イワシの稚魚の名前は?

稚魚というのは魚の成長の中の初期段階のことです。最終的に20~30cm程度になるマイワシの場合、3㎝程度までの大きさのものを稚魚と呼びます。イワシの稚魚は動物性プランクトンを餌として成長し、孵化後数か月で3㎝を超える大きさになります。イワシの稚魚は食用として人気マイワシやカタクチイワシの稚魚は「シラ...

≫続きを読む

★イワシの食べ物(餌)は?

海に生息するイワシが主食としているのはプランクトンです。プランクトンとは水中をただよって生活している小さな生物の総称です。プランクトンには植物性と動物性がありますが、幼魚のころは動物性プランクトンを、成長するに従い、植物性プランクトンの方を食べるようになります。イワシを釣るときの餌は?イワシを釣ると...

≫続きを読む

ウルメイワシの生態

ウルメイワシは、マイワシやカタクチイワシに並ぶ日本で主流のイワシの一種です。ここではそのウルメイワシに関する生態情報をまとめています。特徴黒い背部に銀白色の腹をしています。目が大きく、脂瞼(しけん)という透明な膜に覆われているため潤んでいるように見えることから、ウルメイワシと呼ばれています。イワシの...

≫続きを読む

カタクチイワシの生態

日本で主流のイワシの一種カタクチイワシの生態情報についてまとめています。特徴下あごが小さく、上あごが突き出た口の形をしています。上あごだけの片方の口しかないように見えることが名前の由来にもなっています。成魚は最大で18cm。平均的には14cm程度です。青灰色の背部に銀白色の腹部、円筒形で細長い体型が...

≫続きを読む

カタクチイワシの「カタクチ」の意味とは

魚には、変わった和名がつけられているものが多いですよね。ただ由来を調べてみると大抵どれもうなづける由来があるものです。日本で主流に流通しているイワシの一種「カタクチイワシ」も少々変わった名前ですが、例外ではありません。カタクチイワシは漢字で書くと「片口鰯」と書きます。片方の口という意味です。カタクチ...

≫続きを読む

マイワシの生態

マイワシは、日本に流通するイワシの中でも最もポピュラーな種です。安く手に入りなおかつ美味しい庶民の味方として、昔から珍重されてきました。ただ食材としての認知度はあっても、生物としてのマイワシを詳しく知っている人は多くはないでしょう。ここではマイワシの生態に関する情報をまとめています。特徴銀白色の体に...

≫続きを読む

鰯(イワシ)の語源/漢字の由来

鰯(イワシ)の語源と漢字の由来についてご紹介します。鰯(イワシ)の漢字の由来イワシは「魚」に「弱」と書いて「鰯」と書きますが、弱い魚と書くようになったのには理由があります。イワシは傷みやすく、漁獲後にすぐに味が落ちてしまいます。すぐに弱ってしまう魚ということで、「鰯」という漢字で書くようになったので...

≫続きを読む


ホーム