世界でイカの漁獲量が多い国は?

世界でイカの漁獲量が多い国は?

日本のイカの漁獲量は多いように思われますが、世界からみると日本は第4位なのです。では、世界でイカの漁獲量が多い国はどこだと思われますか?また、なぜ世界第1位になったのでしょうか?何か特別な理由でもあるのでしょうか?今回は世界でみるイカの漁獲量について紹介してみたいと思います。

 

イカの漁獲量が多い句には?

世界第1位にイカの漁獲量が多い国はなんと【中国】なんです。第2位【ペルー】、第3位【韓国】、そして第4位に【日本】が入ってきます。その後はアルゼンチン、インドネシア、台湾、アメリカ、タイ、チリと続きますが、なぜ中国の漁獲量が世界で1番多いのでしょうか?中国が行っている漁獲の方法などについて、何か問題があるのでしょうか?その何かについて探ってみたいと思います。

 

中国のイカの漁獲

どうして中国が世界中で1番イカの漁獲量が多いのか?それにはある理由があります。中国では世界のイカの水揚げ量のおよそ28%を占めているといいます。その理由は、中国の漁船が北朝鮮から南下するイカを“一気に獲りつくしてるから”ということにあるようです。中国の漁獲に影響を受けたために韓国東の海のイカの漁獲量は、過去4年間を振り返っても確実に減少しているということが調査の結果わかっています。

 

世界で第1位のイカの消費国は日本です。 それだけイカを好んで食べている国が日本であるといえます。ただ漁獲量では第4位と中国に水をあけられているという状況ですね。


ホーム