イカとタコで栄養価が高いのはどっち?

イカとタコで栄養価が高いのはどっち?

イカは、天ぷらにしたり、お刺身にしたりと、日本では大変人気のある食べ物です。イカと同じような食材としてタコがありますが、イカとタコでは栄養価にどのような違いがあるのでしょうか。そこで今回は、イカとタコの栄養価についてご紹介いたします。

 

栄養価の違いは?

イカに含まれる栄養素として有名なのはタウリンが挙げられると思います。滋養強壮や、疲労回復、コレステロールや中性脂肪の減少など様々な効果があります。実はタコにも同じようにタウリンが豊富に含まれています。その他の栄養価についても、タコとイカではほとんど差はありません。カロリーについても同じくらいなので、栄養価で選ぶ場合には、どちらを選んでも良いでしょう。

 

タコとイカに共通する優れた効果

イカとタコには、タウリンのほかに、ビタミンEや亜鉛が豊富に含まれています。ビタミンEには、活性酸素を除去して、老化防止やアンチエイジングの効果が期待できます。亜鉛は、舌に作用して、味覚を正常に保つ機能があります。

 

また、高タンパク、低カロリー、低糖質なので、ダイエットの食材としても大変優れています。ダイエット時に不足しがちな、たんぱく質が豊富に取れる点に注目です。

 

いかがでしたでしょうか?イカもタコも大変豊富な栄養を含んでいますので、普段から積極的に食べるようにしましょう。


ホーム