魚,食べ方

妊娠中はイカを食べないほうがいい?

妊娠中の食生活には様々な注意が必要です。
赤ちゃんのためにしっかり栄養を取りたいけど、食材によっては悪影響を及ぼす事もあります。
イカが大好きだけど妊娠中に食べていいのか、食べない方がいいのか気になる疑問を調べてみました。

 

妊娠中にイカは食べることができますか?

高タンパクで低脂肪のイカを、妊娠中に食べることは可能です。
タウリンやビタミンEなどの栄養素も豊富なので、妊娠中でも利用できます。
しかし一つだけ重要なことがあります。
それはイカを食べる場合は加熱調理したものを使いましょう。
生のお刺身やお寿司は妊婦さんにおすすめできません。

 

イカを生食できない理由

イカをはじめいろいろな食品にリステリアという細菌が付着しています。
生のイカを食べてこのリステリアが体内に入ると腹痛や発熱の症状が起こります。
またこのリステリアが血液中に入ると、胎盤内から胎児へと感染する可能性もあります。
この感染のために早産や流産を引き起こす恐れがあります。
そのために妊娠中の食事として、お刺身やお寿司など生のイカは好ましくないのです。

 

この他にも生のイカにはアニサキスという寄生虫が潜んでいる可能性もあります。
アニサキスは熱に弱いため、加熱調理したイカでは死滅します。
生のイカを食べると、アニサキスによる食中毒の可能があるのです。
寄生虫の食中毒によって腹痛や吐き気、下痢だけでなく激しい痛みに襲われ、体調を損ねてしまうからです。
細菌と寄生虫が食中毒を起こす可能性があるために、妊娠中は生のイカは食べないほうがいいです。

 

加熱調理したイカは、リステリアもアニサキスも加熱すると死滅するので食べることが出来ます。


ホーム