生ホタルイカの食べ方

生ホタルイカの食べ方

旬のホタルイカは、旨味が凝縮していて大変美味しいですよね。イカといえば色々な料理法がありますが、やはり一番人気なのはお刺身ではないでしょうか。ですがホタルイカのお刺身はあまり聞いたことがな人も多いと思います。そこで今回は、生ホタルイカの食べ方を紹介します。

 

ホタルイカが生で食べられない理由

ホタルイカといえば、一般的には茹でてあるものが売られていると思います。イカは生で売られていますが、なぜでしょうか。実はホタルイカを生で売らないのは大きく分けて2つの理由があります。

 

まず、最初の理由としては、ホタルイカは鮮度が落ちるのが早いため、生では流通させにくいことです。イカは元々鮮度が落ちるのが早いですが、ホタルイカの場合はさらに早いと言われています。そのため、水揚げされたホタルイカは、すぐにカマで茹でられ出荷されます。

 

もう一つは寄生虫の問題です。ホタルイカには、旋尾線虫という寄生虫がいます。生食するとこの寄生虫に侵される危険があるため、火を通して出荷されます。

 

ホタルイカを生で食べるには

上記の通り、生のホタルイカには旋尾線虫がいるため、普通には食べられません。旋尾線虫-30℃で4日間以上、または-40℃で40分以上の冷凍すると死滅するので、生食する場合は冷凍してから食べるようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?寄生虫には十分に注意して食べるようにしましょう。


ホーム