フライパンでのホタテの焼き方

フライパンでのホタテの焼き方

日本でよく食べられている貝といえばホタテがあります。

 

寿司ネタになったり、焼いたりと様々な方法で調理できるため、大変便利な食材でもあります。

 

そのため、ご家庭で調理することも多いかと思います。そこで今回は、ホタテのフライパンでの焼き方をご紹介します。

 

ホタテを美味しく焼くポイント

ご家庭でホタテを美味しく焼くには、いくつかポイントがあります。ホタテを美味しく焼くポイントは下記のようになります。

 

  • 強火で焼く
  • 短時間でさっと焼く
  • ホタテを動かさない

 

ホタテの焼き方

まずは、火をつけてフライパンを温めます。火は強火にして、フライパンが温まったらバターを加えます。

 

サラダ油でも大丈夫ですが、バターの方が風味よく焼けます。

 

バターが溶けたら、ホタテの平らな部分を下にしてフライパンの上に置きます。表面が焦げたら、ひっくり返して両面を焼きます。

 

この時動かさずに、じっくりと待ちます。お刺身用のホタテであれば、中は生でも大丈夫です。

 

お好みの焼き加減で仕上げて下さい。フライパンに残ったバターと一緒にお皿に盛り付けて出来上がりです。

 

醤油や塩で食べても良いですが、クリーム系のソースとも相性が良いです。

 

いかがでしょうか。ホタテは火を通しすぎないのが美味しく作るポイントです。


ホーム