生きたホタテの保存方法

生きたホタテの保存方法

日本では大変ポピュラーな貝であるホタテ。

 

最近は流通が発達しているため、生きたままのホタテが手に入ることも多くなりました。

 

ですが、行きホタテの保存方法は知らない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、生きたホタテの保存方法についてご紹介いたします。

 

生きたホタテの保存方法

殻つきのままの生きたホタテが手に入った場合は、きちんとした管理のもと保存する必要があります。

 

保存が悪いと、せっかくの美味しさが失われてしまうので、きちんとした方法で保存しましょう。

 

ホタテが手に入ったときに、海水に浸かっているのであれば、海水から取り出さず、そのまま部屋の一番涼しいところに置いておきましょう。

 

温度が上がるとホタテが死んでしまうこともあります。もし、夏場で涼しいところが無ければ、袋に氷を入れて、水の中に入れて温度を下げましょう。

 

くれぐれも直接氷を入れたり、真水を入れないようにしてください。

 

ホタテが弱って死んでしまいます。

 

もし、ホタテだけの状態で届いたら、海水と同じ濃度の水を作ってそこに入れるか、発泡スチロールの中に氷を敷き詰め、そこにホタテを入れるようにしてください。

 

生きたホタテの保存期間はせいぜい2日が限度です。手に入れたら、なるべく早く食べてしまう方が良いです。保存はあくまで、食べきれない場合の補助的な手段とお考え下さい。

 

いかがでしたでしょうか。生きたホタテが手に入ったら、きちんと保存して美味しく召し上がってください。


ホーム