ホタテの茹で方

ホタテの茹で方

ホタテはスーパーでも売られている大変身近な食材です。

 

最近は殻付きのホタテも良く売られていますが、ホタテは鮮度が落ちるのが早いので、すぐに調理する必要があります。

 

そこで今回は、保存にも向く、ホタテの茹で方についてご紹介いたします。

 

茹でホタテの利点

ホタテは鮮度が落ちるのが早いため、すぐに食べる方が良いですが、食べられない場合は冷凍保存するのがおすすめです。

 

生のままでも冷凍できますが、茹でた方が風味が落ちずに冷凍できます。

 

もちろん茹でたてのホタテも大変美味しく食べられます。

 

ホタテを茹でるときは、殻つきのまま茹でられます。もちろん貝柱だけでも茹でられますが、たくさん茹でるときは殻つきのまま茹でるのがおすすめです。

 

ホタテの茹で方

まずは、貝殻の表面を良く洗ってください。そうしたら、鍋にたっぷりのお湯を入れて火にかけます。

 

火はずっと強火で大丈夫です。

 

沸騰したら殻つきのままホタテをお湯の中に入れて茹でます。

 

ホタテはすぐに火が通りますので、茹ですぎに注意してください。ホタテは茹ですぎると硬くなります。

 

茹で上がったらお湯から取り出し、水ですぐに冷まします。茹でると簡単に貝殻から外すことができます。

 

貝殻から外したら、ウロと呼ばれる黒い部分とえらを取り外せば終了です。

 

いかがでしょうか。茹でると簡単に殻から外せるので大変便利です。


ホーム