ホタテの冷凍保存方法と解凍方法

ホタテの冷凍保存方法と解凍方法

日本では大変身近な食材であるホタテ。

 

最近は通販でも買えるため、まとめて買う方も多いと思います。

 

ですが、食べきれずに残ってしまう場合も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ホタテの冷凍保存方法と解凍方法についてご紹介いたします。

 

ホタテの冷凍保存方法

ホタテの冷凍保存方法は、ホタテの状態により多少異なります。

 

殻付きのまま手に入った場合は、殻から中身を取り出し個別に保存するのが良いでしょう。

 

保存方法は、ホタテのヒモは、塩でよく揉んで奇麗にした後、しっかりと水で洗います。

 

生殖巣は生のままでの保存は難しいので、茹でてから保存しましょう。

 

貝柱は、塩水に氷を入れて10分ほど浸します。

 

その後、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を取り除き、1つ1つラップで包んで保存してください。その他の部位も同様に個別包装して保存します。

 

ラップで包んだら、ジッパー付きビニール袋に入れて急速冷凍してください。

 

貝柱だけで売っている場合は、そのままラップに包んで保存して大丈夫です。

 

ホタテの解凍方法

美味しく解凍するならば、冷蔵庫に移して自然解凍するのが良いでしょう。

 

半日ほどで解凍できるので、使う前日の夜に冷蔵庫に入れておくと良いです。

 

急いで解凍したい場合は、袋に入れたまま流水につけるのが良いでしょう。

 

電子レンジでの解答は、水分が抜けてしまったり、火が入ってしまうことがあるので、おすすめしません。

 

いかがでしたでしょうか。上手に冷凍と解凍をして、美味しく召し上がってください。


ホーム