腐ったり死んでるホタテの見分け方は?

腐ったり死んでるホタテの見分け方は?

ホタテは新鮮な時に食べるのが一番美味しいですが、ホタテは貝殻に包まれています。

 

今回は腐っているホタテ、死んでいるホタテの見分け方について紹介しています。

 

死んでいる、腐っているホタテの見分け方

貝はよく加熱して口が開かない貝は死んでいると言われますが、ホタテに関しては逆です。

 

ホタテの貝殻が開いたままの状態になっていると、腐っているまたは死んでいる可能性があります。

 

もし開いているならば貝柱をつついてみてもし反応がないならば死んでいます。

 

死んでいたり腐っているとホタテから腐敗臭もしてくるのでその場合は食べない方がいいです。

 

また貝殻をあけて貝のひもが貝殻に付着しているとまだ生きている可能性があります。

 

その場合でも生で食べることはしないで熱を加えて食べた方が安全です。

 

ホタテを死なせない保存方法

ホタテは新鮮なうちに食べた方がいいです。

 

食べないとすぐに腐敗し、ホタテは死んでしまい食べることができなくなります。

 

すぐにたべれない場合は冷凍保存がおすすめです。

 

冷凍保存することによって2~3週間ホタテの寿命を長くすることができます。

 

また、冷凍するまえにボイルすることによって風味を損なわず解凍後も美味しく食べることができます。

 

いかがでしたでしょうか。新鮮なうちに食べるととても美味しいホタテ。

 

上記の点に気を付けて安全で美味しいホタテを食べましょう。


ホーム