ホタテの養殖事情:方法や使う餌、天然との違いは?

ホタテの養殖事情:方法や使う餌、天然との違いは?

ホタテはほとんど養殖で作られています。そのため一年中ホタテを美味しくたべることができます。

 

今回はそのようなホタテの養殖の方法や天然との違いについて紹介しています。

 

ホタテの養殖方法

ホタテはほとんど養殖されています。5~6月ごろに天然のホタテの赤ちゃんを採苗器に付着させます。

 

7月ごろから採苗器に付着したホタテの赤ちゃんを籠にいれ海中に吊るし、10月ごろまでホタテの成長にあわせて籠を大きいものに入れ替え出荷まで育成されます。

 

育成期間ではホタテが重みで籠が海底に沈まないように見回りもされています。

 

翌年3月ごろからホタテの検品作業が行われ出荷されます。

 

海洋環境が毎年違うことから養殖作業は海洋、気象の変化に十分注意しながら管理されています。

 

養殖と天然の違いは?

養殖と天然の違いは貝殻ですぐに見分けることができます。

 

天然のホタテの貝殻はクリームのような白色ですが、養殖は茶色の貝殻です。

 

養殖のものは一か所に留まっているためいろいろなものが付着するので茶色く、糸のようなものもついていますが、天然は自由に動き回るために付着物がないのが特徴です。

 

貝殻についている糸は養殖の際についた糸なので見ればすぐ分かります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

ほとんと養殖しか食べてないとしたら天然のホタテを食べて養殖と比べるのもいいかもしれません。


ホーム