ホタテの種類

ホタテの種類

ホタテは1種類しかないと思いがちですが、日本だけでなく世界でもさまざまなホタテの種類があります。

 

今回はそのようなホタテの種類について紹介しています。

 

日本で流通する主なホタテの種類

ホタテの種類は日本ではホタテガイ、アズマニシキガイ、イタヤガイ、ヒオウキガイの4種類がほとんどです。

 

世界では約300種類ほどのホタテの種類があり、大きさも小さいものから大きいもの、色も黄色から白色や紫色などさまざまなホタテがあります。

 

ヨーロッパホタテ

日本のホタテはオスとメスが分かれていますが、世界のホタテには卵巣と精巣を同時に持っていてオスとメスの区別のないホタテもあります。

 

ヨーロッパホタテはオスとメスの区別のない代表的なホタテです。名前のとおりヨーロッパで生息してます。

 

日本のホタテよりも漁獲量が少なくとても高級品として知られています。

 

味は日本のホタテガイによく似ています。

 

「ヴィーナスの誕生」などの多くの芸術作品のモチーフになっていて有名なホタテです。

 

日本で食用として生産されているホタテ

日本の生産量のほとんどは北海道、青森県、岩手県、宮城県で生産されています。

 

その中でもヒオウギガイは日本の南の生息するホタテで、四国や九州で養殖されています。

 

ヒオウギガイには青紫色、赤紫色、黄色などさまざまな色の貝があります。


ホーム