魚のポワレとは:種類やソテーとの違いとは?

魚のポワレとは:種類やソテーとの違いとは?

魚のポワレとは、フライパンに切り身とフォン(だし汁)を入れ、蓋をして蒸し焼きにするフランス由来の調理法です。フランス料理の代表的な調理法の一つですが、様々なソースが考案されていることから、年中飽きることなく誰もが楽しめる料理です。ちなみに「ポワレ」というのは昔フライパンをポワレ鍋と呼んでいたことが由来となっています。

 

ポアレに合う魚の種類

ポアレに適した魚の種類は、舌平目や甘鯛、スズキ、金目鯛、ヒラマサ、鮭、マスなどが好んで使われています。

 

ソテーと同じじゃないの?

ポアレは広い意味ではソテーに属します。ソテーは、フライパンで油やバターを熱し、魚や肉、野菜などを高温で炒める調理法です。ソテーというのはフランス語の「跳ぶ」が語源となっており、フライパンに油をひき高温で熱して発火点を超えると、材料がフライパンの上で飛び跳ねることが由来のようです。

 

ポワレとソテーの違い

ソテーは、ヘラを使ってかき混ぜたり、フライパンを揺すったりして火を通します。

 

一方、ポアレは、魚とだし汁を入れて蓋をして蒸し焼きにするため、ソテーのようにフライパンを動かすことがありません。

 

調理の途中で、フライパンに溜まる油を何度も材料にかけることで、表面をカリッと焼き上げます。シンプルに油だけで仕上げるため、ポアレはソースをかけて食すのが一般的です。


ホーム