蒲焼きに合う魚の種類

蒲焼きに合う魚の種類

蒲焼きに使用する代表的な魚はうなぎですが、この他にも蒲焼きに合う魚は数多くあります。どのような魚がかば焼きに適しているのか、人気のある魚の蒲焼きレシピも合わせてご紹介していきます。

 

うなぎ

まず代表格といってもいいのはウナギですよね。うなぎの蒲焼きは伝統的日本料理の定番でもあります。ただうなぎは多くの人に好まる一方で、小骨が多い、脂肪分が多いなどの理由で好かない人も結構います。その場合は、次で紹介するサンマやイワシで代用して、蒲焼きを楽しみましょう。

 

イワシ

イワシはウナギよりも安上がりで、旨みが強い身は蒲焼きのタレの甘みと非常によくマッチします。開いて小麦粉をまぶし、甘ダレと一緒にフライパンでこんがり焼いて作ります。山椒をかけて食べるとさらに美味しく、ご飯がすすみます。

 

サンマ

秋の味覚の代表格サンマ。ウナギに負けないくらい脂肪分が多く、旨みも強いので蒲焼きにはうってつけです。サンマの蒲焼きの缶詰は、数ある魚介系の缶詰の中でも高い人気を誇ります。

 

蒲焼きに合う魚の条件とは?

うなぎと同様、アナゴやハモ、ドジョウ、なまずのように体にぬめりの強い魚が蒲焼きされる傾向にありますね。これは脂肪分の多い素材とタレがマッチしているというのもありますが、元が少々泥臭い魚なので、それをごまかす為に蒲焼きにされる向きも強いです。


ホーム