魚嫌いでも食べられる魚

魚嫌いでも食べられる魚

魚が苦手な人は、魚の味や匂い、小骨の多さなどを嫌いな理由に挙げることが多いです。小骨の多さは切り身にすることで解決できますが、味や匂いを解決するために、どのような魚選びをするのが最適なのかご紹介していきます。

 

魚嫌いでも食べられる魚の種類

魚嫌いの人の中でも特にサバなど青魚(サバ、イワシ、サンマ、アジ、ニシンなど)が苦手だと感じる人は多いようです。特に焼き魚にすると青魚の特有の匂いが引き立つため、それに嫌悪感を感じることが多いみたいですね。

 

なので苦手な人にあえて魚をすすめるのならタラやタイ、サケ、ヒラメ、カレイ、カサゴ、アンコウ、キス、スズキ、マス、ホッケなどの淡白な白身魚ですね。

 

元が淡泊な白身魚ならば、調味料の味で魚特有の味はある程度ごまかせますし、苦手な人でも調理法しだいでとてお美味しく頂けるかと思います。

 

魚嫌いでも食べられる調理法

魚の種類を食べやすい白身魚に置き換えても、焼き魚や煮つけを好まない人は多いです。肉類が好きな人であれば、肉を魚に置き換えられる料理や、魚の味よりも濃い味付けの料理が適しています。

 

パスタやクリームシチュー、カレー、グラタン、ドリアなどの洋食はどの白身魚でもよく合います。魚単品の料理を作りたい場合は、ソースで食べるフライなどがオススメです。

 

魚嫌いの人には、青魚ではなく魚の臭みのない白身魚が合います。調理する際は1尾丸ごとではなく、切り身やサイコロ状にした白身魚を使うとなお食べやすいと思います!

 


ホーム