包丁による魚のヒレの取り方

包丁による魚のヒレの取り方

魚の下処理をしたいけれど、ヒレが指に刺さって痛い思いをするのが嫌。そんな時は、最初にヒレを切り取ってしまいましょう。処理がスムーズに進むうえ、焼き物にした時に、胸ビレを焦がさずに済むメリットも。ヒレはハサミでも切れますが、ここでは包丁で取る方法をご紹介します。

 

魚のヒレの種類

魚には、全部で5つのヒレがあります。

 

  1. 背中にある背ビレ
  2. エラの隣にある胸ビレ
  3. 腹の前方にある腹ビレ
  4. 肛門のそばにある尻ビレ
  5. しっぽである尾ビレ

 

このうち、調理の時にケガの原因になりやすいのが、1、2、3、4のヒレです。この4つを順に取っていきます。(尾ビレはヒレに垂直に切れば良いだけなので簡単です)

 

ヒレの取り方

◆背ビレを取る

  1. 魚の腹を下、背を上にして置きます。
  2. 背ビレを指で持ち上げます。
  3. 尾の方から頭の方へ向かって、背ビレの根元に包丁を入れ切り取っていきます。

 

◆胸ビレを取る

  1. 魚を横にして置きます。
  2. 胸ビレを指で持ち上げて、根元に包丁を当て切り取ります。
  3. 胸ビレの後ろから包丁を入れ、頭ごと落としてしまう方法もあります。

 

◆腹ビレを取る

  1. 魚を横にして置きます。
  2. 腹ビレの根元の上部に、少し切れ目を入れます。
  3. 腹を下、背を上にして置き、腹ビレを包丁でまな板に押し付けます。
  4. 魚体を動かして、ヒレを根元の骨ごと引き抜きます。
  5. 反対側も同様に行います。

 

◆尻ビレを取る

  1. 魚の背を下、腹を上にして置きます。
  2. 後は、背ビレと同様にして切り取ります。

 

家庭で下処理することの多いアジなどの小型の魚は、身も柔らかく、ヒレ取りはそれほど困難ではないでしょう。よく切れる包丁を使って、ケガのないよう行ってくださいね。


ホーム