魚の骨抜きに使う道具

魚の骨抜きに使う道具

魚の小骨を抜くには、基本的には地道に一本一本抜いていくしかありません。時間もかかり面倒で疲れる作業です。ただこの手間を少しでも省く為の道具がいろいろと販売されています。

 

「魚の骨抜き」道具一覧

1.毛抜き型

毛抜きを大きくしたような道具です。千円あれば買える手頃なものが多く、刃先がまっすぐなものと、斜めになっているものがあります。良い骨抜きは、刃先を合わせた時に隙間ができず、バネが軽く効くように作られています。骨を挟む際に無駄な力を入れずに済み手も疲れません。

 

2.ペンチ型

針金を曲げる時などに用いられる、作業工具の「ペンチ」に似た道具です。刃先が平らで面積が広いので、骨が途中で切れにくく、初心者でも抜きやすい作りになっています。大きな魚の骨抜きにも対応できます。

 

3.先細・先曲がりペンチ型

ペンチ型の、刃先が細く少し曲がったスタイルの道具です。寿司店や鮮魚加工工場など、プロ用として作られました。小さな骨も掴みやすく、きれいに抜くことができます。

 

道具の値段

骨抜きを購入する時、第一に考えるのは使用頻度ではないでしょうか。それによって、かける金額も違ってきます。一般的な家庭で使うのなら、プロが使うような、性能の良い高額な道具は必要ないでしょう。家庭用のものは大体600~1000円程度で売っています。

 

骨を気にせずに食べられれば、魚の味をもっと楽しめるのではないでしょうか。マイ骨抜きで下ごしらえしたムニエルを味わうのも、たまにはいいかもしれませんね。


ホーム