魚卵のコレステロールは高い?

魚卵のコレステロールは高い?

コレステロールが心配という人も多いようなので、厚生労働省の日本食品標準成分表で魚卵「いくら」「たらこ」「かずのこ」の3つと鶏卵のコレステロール含有量を比較してみました。(100gあたりの量)

 

  • いくら:480㎎/100g
  • 生たらこ:350㎎/100g
  • 生かずのこ:370㎎/100g
  • 生卵:420㎎/100g

 

いくらはコレステロールの高さで生卵を上回っていますね。まあ食べ過ぎは避けた方がいいかもしれません。

 

しかし過度に気にする必要もないでしょう。というのも厚生労働省は2015年にコレステロールの摂取基準を撤廃しているんですよね。

 

参考文献:コレステロール摂取基準は撤廃 米国の新食生活指針-日本経済新聞朝刊-

 

最近になってコレステロールを多く含む食品を食べても、血中コレステロール値には影響がないことがわかったからです。

 

長いこと「卵は1日1個まで」なんて言われていましたが、その制限に縛られる必要もないみたいですよ。

 

厚生労働省の指導によれば、重要なのは

 

  • 適度な運動
  • バランスのとれた食生活
  • 暴飲暴食を控えること

 

この3点のようですので、高LDLコレステロール血症患者でもない限りは、コレステロール云々はあまり気にしなくていいと思います。素直に魚卵の栄養価の高さを喜んでおきましょう(^_^)


ホーム