フグの毒袋の処理方法を知っておこう:燃やす?捨てる?

フグの毒袋の処理方法を知っておこう:燃やす?捨てる?

青酸カリの1000倍の猛毒と言われている、フグの毒。体内に入れてしまったら場合によっては8時間以内に死亡するほど。

 

その為フグをさばく際は毒袋を確実に分離しなければなりません。

 

そして分離した後の毒袋の処理に関しても、都道府県条例により厳重な義務が課されています。

 

フグを飼った市場に返却する

フグを提供するお店では、毒袋や下処理で出たその他の有毒部位は、専用の容れ物を用意しそこに入れるようにしています。

 

他の食品や廃棄物に混入しないように、容れ物には鍵がかけられます。

 

そして鍵をかけた状態で、フグを仕入れた店にまで行き、そこで焼却処分をしてもらいます。

 

また処理にしようした容れ物は十分に洗浄しなければなりません。


ホーム