フグの養殖事情:その方法や生産量など

フグの養殖事情:その方法や生産量など

フグの養殖は一般的に陸地の巨大なプールで行われており、そのプールで1年間におよそ3万匹もののフグを生産している業者もあります。

 

人口のプールを使った養殖は、自然環境など外的要因に左右されないというメリットがあります。

 

海面での養殖の場合、荒天やウイルス、疫病などのちょっとした外的要因で大量死ということもありえます。

 

陸上養殖の場合、水温や塩分濃度など水質管理の厳格さが求められますが、少なくともこういったリスクを回避できます。

 

栄養価の高い餌と年間通じての水質管理などで成長が速いので、非常に高い生産性が維持でき、ランニングコストに十分見合う利益を得られるのです。

 

フグの養殖生産量トップは?

フグの養殖量では長崎県が圧倒的です。年間2000万トンを越えるフグが生産され、全国各地に届けられています。全国の養殖量合計が5000万トンほどですので、長崎県だけでシェアのおよそ30~50%ものフグを養殖していることになります。


ホーム